メンタルが弱くなることでうつの可能性アリ【適切な治療を受けよう】

婦人
  1. ホーム
  2. 症状を再発しない

症状を再発しない

相談

治療完了後も油断しない

精神的な病であるうつ病を適切な治療で完治したとしても油断をしないようにしましょう。もしかしたら時間の経過とともにまた再発をしてしまう恐れがあります。うつ病のきっかけとなった日常生活を変えない限り再発をする可能性は少なからずあるため、うつ病を完治しても完全に完治したわけではないと心の中で考えておくことが必要です。必要であれば精神科から処方してもらえる薬を服用して心を落ち着かせるようにしてください。精神科を受診して医師に相談をすれば希望の薬を処方してくれるでしょう。しかし薬の過剰摂取をすると治療ができるどころか薬に依存する恐れがあるため注意が必要です。ずっと薬を使用するのではなく、少しずつ薬の量を減らすことができるよう調整するようにしましょう。そうすれば薬の依存をすることもなく、徐々に薬なしで健康的な状態を維持することができるようになります。

サインを見逃さない

うつ病が再発をするときには何らかのサインがあるため、それを見逃さないようにしましょう。うつ病を治療したとしても50%以上の確率で再発をする人がいるとされています。以前と同じようなうつ病の症状が現れたときは要注意です。再発のサインでもあるため少しでも異変に気づいたら医師に相談をしてその都度提案された治療法を試しましょう。早期で再発に気づいて治療をしていけば再発を防ぐことができる可能性もあります。少し症状が出たからといって油断をすると再発をしてまた一から治療を始めなければなりません。うつ病を悪化させる前に治療をして健康体を取り戻しましょう。一時的に症状が良くなったと感じても、しばらくしたら少しずつ症状が悪化するというケースも多いとされています。完治したとしてもまだ完全に治ったと思わずに様子を見て再度精神科へ受診するようにしてください。